インスタグラムで商品を販売するには?成果を導くやり方を徹底解説

最終更新日:2022.10.25

インスタグラムで商品を販売するには?成果を導くやり方を徹底解説

インスタグラムで商品を販売するには?成果を導くやり方を徹底解説


本記事では、インスタグラムを活用して商品を販売する方法を解説します。自社商品の販売を加速し、売上向上につなげたい方はぜひお役立てください。

支援の内容を確認する

インスタグラムユーザーの行動変容

写真と動画を楽しめるSNSとして浸透したインスタグラムですが、現在では単純にそれらのコンテンツを閲覧するだけでなく、日常生活に役立つ情報や興味のある商品の情報など、自身にメリットとなる情報を得るためにインスタグラムを利用するユーザーも増加しています。弊社が実施した20代ー30代の女性300人を対象としたアンケート調査からも、日常生活に役立つ情報や商品に関する情報などを得る目的でインスタグラムを利用する人が多いことがわかっています。

横棒グラフ1

このことから企業がインスタグラムを活用して自社商品の認知拡大、販売促進に取り組むことのメリットは大きいと言えます。

インスタグラムで商品を販売するには?

では、どうすれば自社の商品を販売できるのか。それを実現するうえでやるべきことは5つあります。

・ECサイトまたはショップを用意する
・ショッピング機能を設定する
・ターゲットにベネフィットが伝わるコンテンツを制作、発信する
・コンテンツの認知を広げる
・ユーザーとの関係値を上げる

※ここでは、商品の販売を促す機能やコンテンツの訴求方法など、運用面について解説します。ターゲット選定やKPI設計などのアカウント構築に関わる内容は『インスタグラムで販促を成功させるコツ!商品紹介のポイントをご紹介』をご覧ください。

①ECサイトまたはショップを用意する

前提となりますが、ネットショッピングに対応するためには、それが行なわれる「場所」を用意しなければなりません。もしまだ用意していない場合は、ECサイトまたはショップを開設するところからはじめましょう。ECサイトを用意できないときは、BASEなどの無料のEコマースプラットフォームを活用するとよいです。

ECサイトの立ち上げ方とは?必要なこと、開設のポイントを解説

②ショッピング機能を設定する

インスタグラムには商品販売を支える機能が実装されています。その機能のことを「ショッピング機能(Shop Now)」と言います。インスタグラムで販売促進を成功させるなら、この機能の設定は欠かせません。

■ショッピング機能とは

ショッピング機能とは、インスタグラムからスムーズにECサイトやショップに移動できる機能です。以下、実際にショップナウが導入されたアカウントの例とともに、どのような機能なのか説明します。

①投稿一覧画像にショッピングマークがつく
ショップナウ(Shop Now)を導入しているアカウントは、ホーム画面の投稿一覧画像にショッピングマークがつきます。そして、そのマークがついているものだけがショップナウの機能を利用することができます。

ショップナウの説明画像

②投稿画像をタップすると商品のポップアップが表示される
一つひとつの投稿画像をタップすると、金額や商品名のポップアップが表示されます。

ショップナウの説明画像

③ポップアップをタップすると商品購入ページへ飛ぶ
②で説明した商品詳細のポップアップをタップしたあとの画面には、「ウェブサイトで見る」という項目が表示されます。そこをそのままタップすると、ECサイトやショップにある商品の購入画面に移動できます。

ショップナウの説明画像

ショッピング機能があることで、ユーザーは興味を持った商品があったとき、すぐに詳細な情報が掲載されているECサイトやショップに移動できます。ユーザーにとっては目的の場所に移動するまでのプロセスが減るので、ストレスなくショッピングができます。

一方、企業からすると各プロセスでユーザーが離脱するリスクを抑えることができるため、効率的な商品販売に取り組めます。インスタグラムを使って商品を販売したい企業にとって、ショッピング機能は必要不可欠です。

インスタグラム「ショッピング機能」の設定方法と審査への申請方法を徹底解説

③ターゲットにベネフィットが伝わるコンテンツを制作、発信する

ユーザーが商品を購入する動機はさまざまです。しかし基本的には、その商品が自分にメリットをもたらしてくれるという期待などが商品購入の動機となります。ユーザーは日常生活のなかで、さまざまな悩みを抱え、解決したいと考えます。生活の質を向上させたいという気持ちを満たしたいケースもあるでしょう。このようなニーズを満たせることを伝えるのが、商品販売を促すうえで重要になります。そこで鍵となるのが「コンテンツ」です。商品の価値が伝わるコンテンツを制作し、関心を寄せてもらうことが大切になります。

■コンテンツづくりのポイント

・商品が役立つシーンを伝える
商品関連の投稿では、商品の紹介で終わってしまうことが多々あります。たしかに商品がどういうものなのか説明することは大切です。しかしその商品が役立つシーンを伝えなければ、ユーザーは商品を使ったときのイメージができません。本当に自分にメリットをもたらしてくれる商品なのか、という不安を拭えないのです。

商品関連の投稿をするときは、役立つシーンを伝えることを意識しましょう。たとえば、実際に商品を使用しているところの動画を発信すれば、ユーザーに商品を使ったときのイメージをしてもらいやすくなります。また、ターゲットと同じ属性(性別や年齢)のゲストを招き、IGTVで使用感などを紹介することで、商品への理解度が増し、商品に対する信頼性の向上を見込むことができます。

・複数のタイプを取り入れる
現在、インスタグラムで発信されているコンテンツは

ハウツー型:役に立つ情報の発信を目的としたコンテンツ
ユーザー参加型:ユーザーとの交流を目的としたコンテンツ
プロモーション型:商品、サービスに関する情報発信を目的としたコンテンツ

上記の3つが主流となっています。

商品販売を目的としたインスタグラム運用では、プロモーション型のコンテンツがよく用いられます。ですが、プロモーション型のコンテンツばかりでは宣伝色が強くなり、ユーザーから敬遠される可能性も上がります。最初はプロモーション型のコンテンツをメインに投稿してもいいですが、それで期待するような成果を得られなければ、ハウツー型やユーザー参加型のコンテンツの制作、発信も取り入れましょう。

統一感について

プロフィールに色合いや明るさがばらばらのコンテンツが無作為に並んでいると、とても見にくい状態となります。訪問してくれたユーザーの印象を良くするためにも、投稿ごとでビジュアルが大きく変わらないようにしましょう。ビジュアルを統一することで、ブランドの世界観をうまく伝えることもできます。

④コンテンツの認知を広げる

魅力的なコンテンツをつくったとしても、ターゲットとなるユーザーに知ってもらわなければ意味がありません。そこで取り組むのが「認知拡大」です。ハッシュタグやUGCを上手に活用し、コンテンツの認知度を上げていきましょう。

■ハッシュタグの活用

ハッシュタグ検索で上位に表示されれば、より多くのユーザーにコンテンツを見てもらえます。それがコンテンツの認知を広げられることにつながります。ですが、ハッシュタグ検索で上位に表示されるためには、投稿との関連性やエンゲージメントなどを上げる必要があります。そのため競合が多いハッシュタグの場合、思うように上位に表示されないことが多くなります(たとえば、投稿件数が100万以上あるハッシュタグなど)。

そうしたときは、「ニッチなハッシュタグ」を選ぶことがおすすめです。ターゲットが使いそうでありながら、投稿件数がそれほど多くないハッシュタグを活用することで、上位に表示される可能性を上げることができます。ハッシュタグを活用するときに意識してみてください。

認知拡大の鍵!インスタグラム運用で意識したいハッシュタグの付け方のコツ

■UGCの活用

UGCとは、ユーザー生成コンテンツのことです。たとえば、口コミやレビューなどがこれにあたります。あるユーザーが商品について発信したとき、そのユーザーのフォロワーに商品を認知してもらうことができます。そしてそのフォロワーがさらにその商品の情報について発信すれば、そのフォロワーのフォロワーに商品を認知してもらえます。このようにUGCを活用すれば、効率的に認知を広げていくことができます。

また、ユーザーは興味を持った商品があったとき、ほかのユーザーの口コミなどを参考にする傾向にあります。UGCを活用し、口コミやレビューの数をうまく増やしていければ、ターゲットユーザーの商品に対する信頼性を上げることもできます。

インスタグラムにおけるUGCとは?生成を促すコツも解説

⑤ユーザーとの関係値を上げる

ユーザーと深い関係になればなるほど、そのユーザーのブランドに寄せる信頼性は向上し、商品の販売につなげやすくなります。定期的にユーザーと交流し、よりよい関係を築いていきましょう。たとえば、いいねやコメントなどのアクション、プレゼントキャンペーンなどがユーザーとの交流の方法として一般的です。また、自社の商品に関する投稿をリポストする方法もあります。


この5つのポイントをおさえれば、インスタグラムを活用した商品販売を導きやすくなります。ぜひ参考にしながらアカウント運用に取り組んでみてください。

まとめ

インスタグラムで販売促進を成功させるには、やるべきことがいろいろあります。現状の運用体制などによっては対策に時間がかかるかもしれませんが、着実にターゲットユーザーに刺さるコンテンツを制作、発信していき、商品販売を実現できるアカウントをつくっていきましょう。

支援の内容を確認する

関連記事

EC運営に関する記事はこちら

サービスの詳細を資料で確認する

資料請求

課題を相談する

お問合せ

お電話でのお問合せ
平日10:00~19:00

03-6418-5668

インスタグラムの運用・コンサルティングなら

■事業所

【東京本社】

〒150-0043

東京都渋谷区道玄坂1丁目19-9 第一暁ビル7F

TEL:03-6418-5668FAX:03-6418-2522

【大阪支社】

〒542-0081

大阪市中央区南船場4-11-20 G-TERRACE心斎橋7F

TEL:06-6282-1551FAX:06-6282-1570

【名古屋支社】

〒460-0008

愛知県名古屋市中区栄2-2-1

名古屋広小路伏見中駒ビル5F-12

【福岡支社】

〒812-0011

福岡県福岡市博多区博多駅前4-18-19

博多フロントビル703