インスタグラムマーケティングのすすめ。有効性から戦略立案の基本、注意点まで - インスタグラムのコンサルティングならInstagram ZERO

インスタグラムマーケティングのすすめ。有効性から戦略立案の基本、注意点まで

公開日:2018.12.19 最終更新日:2019.09.24

インスタグラムマーケティングのすすめ。有効性から戦略立案の基本、注意点まで

インスタグラムマーケティングのすすめ。有効性から戦略立案の基本、注意点まで

SNSを活用したマーケティングが注目を集める今。

マーケティングでインスタグラムを取り入れる企業も増えてきました。

写真を通じて不特定多数のユーザーとつながれるインスタグラム。じつは運用次第で、商品購入集客などの成果を導くこともできます。

この記事では、そもそもインスタグラムマーケティングがどのようなものか。活用の有効性や戦略を立てるときのポイント、注意点とともにご紹介します。

インスタグラムマーケティングとは?

「インスタグラムを活用して企業のブランディングや商品の認知・販売、集客などを成功させるプロモーションを打つ」。

大まかに言うと、これをインスタグラムマーケティングと言います。

もともとインスタグラムは、写真を通じて不特定多数の人たちとコミュニケーションを取れるSNSでした。

しかし、今ではユーザーの行動に変化があらわれはじめ、単純にコミュニケーションがおこなわれるだけではなくなりました。

たとえば、投稿された写真を見て、商品を購入したり、興味を持ったお店に足を運んだりすることも多く見られるようになったのです。

このユーザーの行動に注目が集まり、最近では多くの企業がマーケティングツールのひとつとしてインスタグラムを活用しています。

企業がインスタグラムをマーケティングで活用すべき理由

インスタグラムマーケティングを活用すべき理由

企業がインスタグラムをマーケティングで活用すべき理由は、大きくわけて2つあります。

多くのユーザーに自社の商材をPRできる

インスタグラムのユーザー数は年々増え続けています。

2018年11月には2900万人だったのに対して2019年3月には3300万人となっています。

このユーザー数は今後も伸びていくことが予想されています。これは、より多くの人たちに自社の商材をアピールできるチャンスが増えることを意味します。

効率的に自社の商材を宣伝できる

インスタグラムの特徴のひとつに「ハッシュタグ」があります。

ユーザーは、基本的にこのハッシュタグを利用して写真を検索します。つまり、検索の段階で興味・関心のあるジャンルを絞っているのです。

これは企業側からすると、ハッシュタグの設定次第で狙いたいターゲットに自社の商材を効率的に宣伝できるメリットがあります。

商品購入&集客を促すインスタグラムの魅力的な機能

インスタグラムをマーケティングで活用したほうが良い理由は、必ずしも前項のようなインスタグラム自体の特性にだけあるわけではありません。

2018年12月までに、インスタグラムはショッピング機能ぐるなびとの連携機能を導入しています。この2つは、商品購入と集客を促す魅力的な機能です。

それぞれどのような機能なのか、簡単に説明します。

商品購入を促すインスタグラムの「ショッピング機能」とは?

ショッピング機能

インスタグラムのショッピング機能は、2018年6月にリリースされました。

今までインスタグラムでは、投稿から直接、自社HPページやECサイトなどに移動することができませんでした。

強いて言うならプロフィールにURLを載せておくことで、自社HPやECサイトに誘導することができました。ですが、これは投稿から直接移動できるものではありません。

また、投稿を見て興味を持った商品があったときのユーザーの行動は、一度Googleの検索エンジンなどで商品を再検索して探す流れが大半でした。

しかし、ショッピング機能が導入されたことで、ユーザーはインスタグラムからスムーズに自社HPやECサイトに移動できるようになりました。

ショッピング機能では、投稿された商品にタグが表示されるため、ユーザーはそのタグを押すだけで簡単に商品購入までたどり着けるようになったのです。

これにより、ユーザー側からしたら、一度インスタグラムから離れて再度、商品を探す手間を省けるというメリットがあります。

一方、企業側からしたら、ユーザーは購入意欲の高いまま商品販売ページにアクセスしてくれるので、より商品購入の確率が高くなるというメリットを得られます。

小売店など商品をユーザーに販売するサービスをおこなっている企業にとって、これは商品を拡販しやすい、または商品拡販のチャンスを手にしたと言っても過言ではないでしょう。

関連記事:インスタグラム「ショッピング機能」の設定方法から承認されないときの対処法まで

集客を促すインスタグラムの「ぐるなびとの連携機能」とは?

ぐるなびとの連携機能

ぐるなびとの連携機能が導入されたのは2018年10月です。

この機能が導入される前のインスタグラムは、やはり前項のショッピング機能に関することと同様、直接的に飲食店の予約をおこなうことができませんでした。

興味を持った店舗を予約するための導線としては、プロフィールに記載されたURLのみ。これに気づかないユーザーは、基本的にGoogle検索などで店舗を再検索して予約をおこなっていました。

しかし、ぐるなびとの連携機能が導入されたことで、ユーザーはインスタグラムで直接、興味を持った飲食店に予約できるようになりました。

これは、ぐるなびに掲載していることが条件となるのですが、少なくともこの機能を使うことで来店してもらえる確率が上がります。

飲食店を運営している企業にとって、インスタグラムとぐるなびの連携機能は売上増大のチャンスになると言えるでしょう。

関連記事:インスタグラムとぐるなびの連携機能を導入する方法と注意点

この2つの機能を備えたインスタグラムを活用することは、商品購入&集客の可能性を飛躍的に伸ばせることになります。

これも、インスタグラムをマーケティングで活用すべき大きな理由として挙げられます。

しかし、インスタグラムマーケティングはどんな企業とも相性がよいわけではありません。

では、具体的にどんな企業とは相性がよいのでしょうか。また、どのような企業とは相性がよくないのでしょうか。

インスタグラムマーケティングに向いている企業・向いていない企業

インスタグラムマーケティングは、どの企業にも向いているわけではありません。企業のなかには、インスタグラムとの相性が「良い業種」と「悪い業種」があります。

コスメやアパレル、食品は相性が良い

インスタグラムとコスメ、アパレル、食品(飲食店)を扱っている企業は相性が良いと言えます。

これには、ビジュアルでユーザーの興味や関心を惹きやすいことが関係しています。

──たとえば、コスメ。

ファンデーションやチーク、口紅などの美容品は、インスタグラムで視覚的に変化を伝えることができます。

つまり、ビフォー・アフターなどを明確に示すことで、ユーザーにその美容品を使ったあとをイメージしてもらうことができるのです。それがユーザーから興味・関心を寄せてもらえることにつながります。

以下の画像は、コスメブランド「マジョリカマジョルカ」の投稿です。この投稿では、動画でビフォー・アフターを示しています。

マジョリカマジョルカの事例
URL:https://www.instagram.com/p/BqehgBdFGpR/

また、飲食店ではフォトジェニックな料理を投稿することで、ユーザーの興味・関心をひくことができます。そして、それが実際に足を運んでもらえる可能性を高めることにつながります。

イタリアン BEE HOUSE ビーハウスの事例
URL:https://www.instagram.com/beehouse_shibuya/

ビジュアルで表現しづらい商材は相性が良くない

一方で、ビジュアルで表現しづらい商材は、インスタグラムとの相性が悪い傾向にあります。

たとえば、金融系の商品やマッサージなどは、いくら良い写真を投稿したとしても、ユーザーに魅力が伝わりにくいため、購入や来店といった行動を促しづらいです。

インスタグラムマーケティングで成果を出すためには戦略が大事

インスタグラムマーケティングは戦略が大事

インスタグラムを活用してプロモーションをおこなうときに、何となくで運用していては正直、成果を上げていくことは難しいでしょう。

インスタグラムで成果を導くためには、しっかりと戦略を立てていくことが大切になります。

では、具体的にどのように戦略を立てていけばよいのか。ここではその基本となる3つのポイントを説明していきます。

ターゲットを選定する

戦略を立てるときに何よりも大事なのが、ターゲットの選定をおこなうことです。

まずは、自社の商材をどんなユーザーにPRしたいのか、どんなユーザーなら自社の商材の購入または来店につながるのか、よくよく検討しましょう。

ターゲットの選定はマーケティングでは欠かせない手順のひとつです。

これを怠ると、見当違いのユーザーに自社の商材をPRすることになり、思ったような成果を出すことが難しくなります。

投稿方法の選定

インスタグラムは写真に特化したSNSです。

何よりも視覚的・印象的に興味や関心をひくことを重視しなければなりません。

そこで検討したいのが投稿方法の選定です。

単純に写真を撮り、投稿しているだけではユーザーの興味・関心をひくことはできません。

インスタ映えを狙った写真を投稿していくのか、統一性のある投稿を続けていくのか、といったことを考え、方向性を事前に決定しておきましょう。

このとき、設定したターゲットに効果的な投稿方法にすると、なおよいです。

ハッシュタグの選定

インスタグラムでは、検索をおこなうときにハッシュタグを使います。

このハッシュタグを何に設定するのかによって、アカウントの閲覧数は大きく変わります。

また、その後のユーザーのアクションにも影響を及ぼします。

ハッシュタグを選定するときの基本は、投稿内容と合致したワードを選ぶことです。

極端な例を言うと、帽子の写真を投稿したのに、「#セーター」というハッシュタグをつけると、「#帽子」と検索したユーザーの意図とミスマッチとなります。

そうすると、ユーザーはあなたのアカウントに興味を持ってくれないでしょう。最悪の場合、ネガティブな印象を抱いてしまうかもしれません。

そのため、ハッシュタグの選定は極めて慎重に、投稿内容とユーザーの気持ちを考慮したうえで決めるようにしましょう。

インスタグラムマーケティングではインスタグラマーの活用も効果的

インスタグラムマーケティングはインフルエンサーの活用も重要

インスタグラムでプロモーションをおこなうときの戦略のひとつとして検討して欲しいのが、インスタグラマーの活用です。

インスタグラマーとは、インスタグラムにおいて高い影響力を持った人たちのことを指します。たくさんのファンがいるため、自社の商品の認知度を上げたいときなどに高い効果を期待できます。

インスタグラムマーケティングでは、自社とユーザーの関係性を高めることが大切です。インスタグラマーの活用は、それを成すうえでどの施策よりも有効に働いてくれます。

ただし、インスタグラマーを活用するときは、自社の商材と相性の良い人を探さなければなりません。

そのコツなどについては、以下の記事で詳しく紹介しています。

関連記事:インフルエンサーをインスタグラムマーケティングで活用。成功の鍵は「選び方」

・インスタグラマーをどのように活用すればよいのか
・どうやってインスタグラマーを見つければよいのか
・どのインスタグラマーを選べばよいのか

などの疑問をお持ちの方は、必ずチェックしておきましょう。

インスタグラムマーケティングでアカウントを運用する際の注意点

インスタグラムマーケティングの注意点

さて、ここまでインスタグラムマーケティングの概要や活用すべき理由、戦略の基本などについて説明してきました。

この項目では、インスタグラムマーケティングでアカウントを運用する際に注意点となるポイントを2つご紹介します。

2つのうち1つはインスタグラムのガイドラインでもありますが、これを守らなければマーケティングどころではないので、しっかり覚えておきましょう。

宣伝が強い投稿はなるべく避ける

インスタグラムマーケティングでおこなってしまいがちなのが、投稿が宣伝に偏ってしまうことです。

企業としてはどうしても商品購入&集客につなげたいところですが、あまりに宣伝ばかりの投稿が目立つと、ユーザーから敬遠されてしまう可能性があります。

インスタグラムでは、自社とユーザーの関係性を高めることに重きを置くべきです。アカウントを運用していくときは、そのための投稿を心がけるようにしましょう。

ユーザーにとって身近で魅力的だと思われるような写真を投稿していくことがフォロワー数やいいね数を集められ、関係値を高めることにつながります。

リポストするときは慎重に

ほかのユーザーの投稿を自分のアカウントでシェアすることを「リポスト」と言います。ツイッターで言う「リツイート」みたいなものです。

インスタグラムはほかのSNSに比べて拡散力がそれほど強くありません。それを補ってくれるのが、このリポストです。

自社の投稿をほかのユーザーがリポストするぶんには、特に問題に感じることはないでしょう。なぜなら、拡散力を高められるというメリットが得られるからです。

しかし、自社のアカウントでほかのユーザーの投稿をリポストするときは注意が必要になります。理由はシンプルで、勝手にリポストすると、そのユーザーとトラブルになることがあるからです。

リポストをおこなうときは、「あらかじめユーザーに許可を取る」などのルールを決めておくようにしましょう。

ほかにも、インスタグラムではコンテンツの権利などに関するガイドラインをいくつか設けています。下記から確認できるので、一度チェックしておくことをおすすめします。

コミュニティガイドライン | Instagramヘルプセンター

まとめ

インスタグラムをマーケティングツールとして活用し、商品購入&集客の成果を出している企業は数多くあります。

しかし、相応の成果を出すためには、戦略的にアカウントを運用していかなければなりません。また、地道に続けていくことも大切です。

毎回ユーザーに興味・関心を持ってもらえる写真を投稿していくことは、容易ではありません。ただ、それを地道に続けていくことこそがインスタグラムマーケティングの成功を導く鍵となります。

これらのことを踏まえたうえ、インスタグラムをうまく活用していくようにしましょう。

関連記事

お問合せ・お申込みはこちらから

運用・フォロワー・収益も増える