インスタグラム運用代行サービスでは何をKPIに設定するの? - インスタグラムの運用・コンサルティングならInstagram ZERO

インスタグラム運用代行サービスでは何をKPIに設定するの?

公開日:2020.03.06

インスタグラム運用代行サービスでは何をKPIに設定するの?

インスタグラム運用代行サービスでは何をKPIに設定するの?

インスタグラムをビジネスで活用するにあたりKPIの設定は重要になります。

KPIが設定されていることでゴールに向かってしっかり走れているのかがわかりやすくなるからです。

この記事では弊社の運用代行サービスではどんなKPIを設定しているのか例を3つご紹介。

KPIの内容が気になっている方の理解につながると幸いです。

※なお、KPIはKGI次第で異なります。またアカウントによって変わるものでもあります。ここでご紹介するKPIはあくまで一例です。あらかじめご了承ください。

URLのクリック数

インスタグラムには自社のWebサイトへのリンクを貼ることができます。

弊社ではそのリンクのクリック数をKPIのひとつとして設定しています。ここを指標化することで、Webサイトに送客できたユーザー数を把握できるからです。

お客様のインスタグラム運用の目的が「Webサイトの集客」である場合、必ずと言っていいほどURLのクリック数をKPIとして設定します。

フォロワーの増加数

弊社ではフォロワーの増加数をKPIに設定することもあります。

1ヶ月後には〇〇フォロワー増加、2ヶ月後には○○フォロワー増加、というように1ヶ月をひとつの区切りとしてフォロワーの増加数をチェックします。

ここを測ることで大まかなリーチ数がわかり、1ヶ月の間に取り組んだ施策が訴求効果のあるものだったのかどうかを知ることができます。

最近では単純にフォロワーの数が多ければ良いというものではなくなりました。しかしコアなファンを増やすことが重要であることに変わりはありません。

そのため弊社ではフォロワーの増加数をKPIに設定しています。

UGC増加率

UGC増加率も弊社がよくKPIに設定する項目です。

UGCとは「ユーザー生成コンテンツ」のことを指します。たとえば、“口コミ”などがこれに該当します。インスタグラムにおいてはハッシュタグメンションがUGCの一例として挙げられます。

この2つの増加率を指標化することで、ユーザーとの関係性や認知拡大の度合いを把握することができます。

自社に関するハッシュタグやメンションの数が多ければ多いほど、ユーザーのファン化、ブランディングの成功に近づいていると言えます。そしてその成功が集客や商品購入という形であらわれたりします。

弊社では商品の購買や集客を目的にインスタグラムを運用しているアカウントの場合、このUGCをKPIにすることが多いです。

まとめ

今回は弊社で設定することが多いKPIの一部をご紹介してきましたが、基本的にKPIはひとつではなく、いくつか設定するものです。そしてその項目は目的やアカウントによって異なります。

インスタグラム運用代行サービスでは、それを踏まえたうえで最適なKPIを設定します。単純に投稿を続けるのではなく、きちんとした指針に沿ってアカウントを運用していきたい場合は、ぜひ弊社のインスタグラム運用代行サービスをご検討ください。

お問合せ・お申込みはこちらから

※現在、リモートワーク体制のため、お電話がつながりにくくなっております。恐れ入りますが、お問い合わせは「メール」をご利用ください。

インスタグラムの運用・コンサルティングなら