運用代行サービスを集客に活かそう - インスタグラムのコンサルティングと集客ならInstagram ZERO

運用代行サービスを集客に活かそう

公開日:2019.06.07

運用代行サービスを集客に活かそう

運用代行サービスを集客に活かそう

最近ではインスタグラムを集客に活かすことも珍しいものではなくなってきました。

弊社でもインスタグラムで集客を成功させたい企業様に対して代行で運用を実施。たくさんの集客成功を実現してきました。

ですが、そもそもどうしてインスタグラムは集客に向いているのか。気になる方は多いのではないでしょうか。今回は、その理由をご紹介します。

インスタグラムが集客に最適な理由

1つずつチェックしていきましょう。

アクティブユーザー数の増加

インスタグラムのアクティブユーザー数は2018年11月時点で2900万人。2017年10月時点では2000万人だったため、1年ほどで900万人増えたことになります。

アクティブユーザー数は今後も増加していくと思われます。より多くの人たちがインスタグラムを利用することになるため、企画・運用次第では認知度アップ、さらには集客数向上を期待することができます。

写真に特化したつくり

インスタグラムはほかのSNSとは異なり、写真に特化したつくりになります。

ユーザーは主にビジュアルでそのアカウントまたは投稿の良し悪しを判断します。もちろん、投稿文も重要なポイントですが、やはり写真のほうが目立つ傾向にあります。

そのため、ユーザーが魅力的に感じる写真を投稿すれば、興味・関心を寄せてもらいやすくなります。たとえば、パンケーキ好きなユーザーにおしゃれでおいしそうなパンケーキの投稿を見せたら、そのユーザーは少なくとも興味を持つはずです。

そして、さらなる情報収集といったプロセスを経て、意欲が高まれば実際に店舗に足を運んでもらえます。このようにインスタグラムは集客の種まきができるSNSなのです。

集客を促す機能の実装

インスタグラムのビジネスアカウントには集客を促す機能が実装されています。

たとえば、アカウントに表示できる「席を予約する」、「電話する」、「メール」などが挙げられます。これらのボタンを設置することで、ユーザー行動の導線がしっかりと構築することができます。

効率的に集客効果を出していくなら運用代行サービス

インスタグラムで集客効果を出すためには、何よりも運用に力を入れることが大切です。

ターゲット選定からアカウントのテーマ決め、画像加工、投稿文作成、効果検証などをきちんと行ない、集客できるアカウントに育てていく必要があります。

しかし、これらの作業を自社で行なうためには、運用担当者を設けたりし体制を整えなければなりません。

インスタグラムを集客で活かそうとしている企業様のなかには、ここがネックとなってしまうことも少なくありません。

運用代行サービスは、そうした企業様に最適な選択肢となります。効率的にインスタグラムの運用を行ない、集客効果を出していきたい方は運用代行サービスの利用を検討してみてください。

まとめ

インスタグラムを活用した集客は、運用次第で成功できます。その可能性を上げられるのが運用代行サービスです。

ぜひ、運用代行サービスを集客に活かしてみませんか?

お問合せ・お申込みはこちらから

運用・フォロワー・収益も増える