インスタグラムでショップ始めませんか?アカウント開設から完成まで全部教えます! - インスタグラムのコンサルティングと集客ならInstagram ZERO

インスタグラムでショップ始めませんか?アカウント開設から完成まで全部教えます!

2018.09.14

インスタグラムでショップ始めませんか?アカウント開設から完成まで全部教えます!

インスタグラムでショップ始めませんか?アカウント開設から完成まで全部教えます!

6月5日、インスタグラムに「ショッピング機能」が導入されました。その名も「ショップナウ(Shop now)」。

これまでインスタグラムでは、1つひとつの投稿にサイトのリンクを貼れない仕様になっていました。購入までの導線がスムーズではなかったため、ユーザーが「欲しい!」と思う商品を見つけても、スグに購入することができませんでした。

しかし、インスタグラムにショッピング機能が導入されたことによって、ユーザーは欲しい商品をスグに購入できるようになりました。その結果、ECサイト事業者からすると、売り上げ向上のために欠かせないツールとなりました。

とはいうものの、そもそもショッピング機能とはどんなものなのか、よくわからない方は多いのではありませんか?

そこで今回は、インスタグラムでショップを開設し、売り上げを伸ばしていきたい方へ向けて「ショッピング機能のこと」や「ショップを始めるにあたり必要になるアカウントのこと」についてご紹介していきます。

ショッピング機能「ショップナウ(shop now)」とは

悩んでいる写真

ショップナウは、「投稿写真に直接「商品名」と「金額」が書かれたタグ付けすることができ、さらにそこから連携させたECサイトの商品詳細ページまで簡単に案内できる機能のことを言います。

購入までの導線がスムーズになったため、ユーザーの購入に対するモチベーションが高くなったときに購入ページまで誘導できるのが魅力です。売り上げ向上に有効な機能のため導入以降、続々とこれを活用している企業が増えています。

そのため、今この記事を見ているあなたも、この便利なショッピング機能を取り入れたいと考えているのではないでしょうか。

実は、ショップナウを利用するための方法は極めてシンプルです。インスタグラムの審査に通過すれば利用できるようになります。ただ、その審査を受けるためには、ある条件を満たしていなければなりません。

ということで、まずはその条件を確認していきます。

インスタグラムのショッピング機能「ショップナウ(Shop now)」を利用する前に…

審査している画像

インスタグラムのショッピング機能を利用して商品を販売するためには、以下の条件をクリアしなければなりません。

1.ビジネスで、提供者契約とコマースポリシーに準拠した物理的な商品を販売している。
2.インスタグラムのアカウントがビジネスプロフィールに移行済みである。
3.インスタグラムのアカウントが所有権のあるFacebookページと接続されている。
4.Facebookページでショップセレクションを追加、もしくはビジネスマネージャーでカタログを作成している。または、カタログ制作をサポートする国内事業者のECプラットフォームと連携する。
引用元:

この4つの条件が満たされると、アカウントの審査が「自動」でスタートします。そのため、上記の4つを設定したら、こちらから何かアクションを起こす必要はありません。アカウント審査には数日~1週間程度かかる場合もありますので、焦らずじっくり待つようにしましょう。

ただ、「2」、「3」、「4」に関しては手動で設定を行なう必要があるため、ミスが起きがちです。設定のやり方が正しくないと、いつまで経っても審査が始まりませんので注意してください。

次の項目では、「2」、「3」、「4」を設定する方法について説明していきますので、ぜひチェックしながらしっかりと設定していきましょう。

ショップを開設するためには、まずビジネスアカウントの開設から

パソコン操作の画像

ショッピング機能を利用するためには、いくつか設定しなければならないことがあります。

現段階で、

・インスタグラムのアカウントはあるけど…
・なにからやったらいいのか分からない!
・設定方法がややこしくて難しい!

そんなお悩みがある方は多いのではないでしょうか?

実は、インスタグラムはフェイスブックが提供しているサービスです。これが関係してか、ショッピング機能を利用するためには、インスタグラムとフェイスブックとの間で連携をする決まりとなっています。

ここでは、インスタグラムとフェイスブック、どちらの設定も一通り出来るよう説明していきます。

※フェイスブックの個人アカウントを持っていない場合は、まず個人アカウントを作成しましょう。

フェイスブックビジネスアカウントの開設方法

SNSの画像

まずは、フェイスブックのアカウントから開設しましょう。フェイスブックには、個人アカウントと「Facebookページ」というビジネスアカウントの2種類があります。ショッピング機能を使用するには、ビジネスアカウントであるFacebookページの作成が必要です。

① Facebookを起動し、右下の三本線のメニューから【ページ】「+作成」を選択します。
PCのFacebookページの作成画面へアクセス↓ こちらからも作成できます。
https://www.facebook.com/pages/creation/
② 携帯「スタート」から新規作成します。
説明画像①

説明画像②

PC 「ビジネスまたはブランド」から新規作成しましょう。

このときFacebookにログインしているアカウントが、新しく開設するFacebookページの管理者となります。
③ 開設するカテゴリを選択します。※カテゴリはあとで変更も可能です。
大まかなカテゴリを選択後、詳しいカテゴリとアカウント名を入力します。アカウント名はフォロワーが200名を超えてしまうと変更できなくなりますので注意しましょう。
ここまでで、ひとまずアカウントは開設されました。

④ 開設はされましたが、アカウントが整備されていない状態での公開となっています。
必ず右上の【設定】の「一般→公開範囲」から「非公開」にして「保存」をしておきましょう。

<基本情報の入力>

④ アカウントが開設できたら、ページ左上のメニューから【ページ情報】を選択します。連絡先やHPなどの基本情報を入力しましょう。
※登録段階では文字化けしたような英数字と長いURLになっていますが、ユーザーネームを作成すると、短く分かりやすい文字のアカウントURLを作成することができます。
⑤ アカウントのプロフィール紹介となる「事業内容」「詳細」を入力しましょう。ブランドの説明や受賞暦など、魅力をアピールすることができます。
⑥ アカウントの顔となる「プロフィール画像」「カバー画像」を設定しましょう。それぞれの画像が表示される部分の「写真を追加」ボタンから画像の追加、変更ができます。
説明画像④

説明画像⑤
※画像サイズの目安
・プロフィール画像:画像サイズ170×170px
・カバー画像:画像サイズ851×315px
これらの設定画像には、割引やダウンロードを促すもの、広告の使用はできません。企業やブランドのイメージができるような画像を選びましょう。

<ユーザー権限の設定>

Facebookページを見に来てくれたユーザーの権限を設定することができます。
⑦ 右上のメニュー【設定】「一般」から、各項目をチェックしましょう。
説明画像⑥

・ビジター投稿
ユーザーにタイムラインへの投稿を許可するかどうか。

・ニュースフィールドのターゲットと投稿のプライバシー設定
投稿する際に、表示させる相手の年齢や性別などを区別できる。

・メッセージ
Facebookページにメッセージボタンを配置し、ユーザーからのメッセージを受け取るかどうか。

・タグ付けの権限
タイムラインに投稿した写真に、ユーザーがタグ付けをする許可をするかどうか。※スパム防止のために、許可しないアカウントも多いようです。

・国別制限
Facebookページを表示できる国を制限、設定することができる。

・年齢制限
誰でも(13歳以上)~21歳以上の中から設定できる。「アルコール関連」は、国の法律に照らし合わせて制限できる。

・ページのデモレーション
不適切な投稿を防ぐために、設定したワードを含む投稿をブロックすることができる。

・不適切な言葉のフィルタ
不適切な言葉をブロックする際のフィルタの強度を設定することができる。

これらの設定は、企業やブランドの運用方針に合わせて設定しましょう。

<管理者の追加と権限の設定>

仕事風景画像

⑧ 右上のメニュー【設定】「ページの役割」から管理者を追加したり、メンバーごとに具体的な権限を設定したりすることができます。
管理者を増やしたり、権限を設定したりすることで、チームで運用していくことができるようになります。

<タイムラインへの投稿>

⑨ 一般設定を確認してから公開にします。
画面右上【設定】から「一般」の「公開範囲」を選択して「ページを非公開にする」のチェックをはずしましょう。
⑩ タイムライン何も投稿がないままだと、ユーザーは運用していないアカウントと判断されてしまう可能性があるので、いくつか投稿しておきましょう。

インスタグラムをビジネスアカウントに切り替える

次に、インスタグラムのアカウントをビジネスアカウントにしていきましょう。
① インスタグラムのアカウント右上の三本線のメニューから歯車の【設定】を選択します。
② オプションメニューから「ビジネスプロフィールに切り替える」を選択し、内容を確認しながら「次へ」で進みましょう。
③ 「Facebookにリンク」が表示されるので、作成したFacebookページを選択しましょう。
④ カテゴリを選択します。
⑤ 「ビジネスプロフィールを設定」から連絡先を登録します。Facebookかインスタグラムに登録した連絡先が表示されるので、問題がなければ「メール 電話 道順」いずれかを登録しましょう。
⑥ 「完了」を押したら完了です。
説明画像⑧

※アカウントを非公開設定になっているままビジネスプロフィールに切り替えることはできないので、必ず「公開」に設定しましょう。

「Facebookページ」にインスタグラムビジネスアカウントを追加する

最後にインスタグラムとフェイスブックを連携させましょう。
① リンクさせたい「Facebookページ」を開きます。
② 【設定】を選択し、左側のメニューから「インスタグラム広告」を選択します。
説明画像⑨

③ 「アカウントを追加」からユーザーネームとパスワードを入力し、「確認」を押しましょう。

ここまでのアカウント設定で、インスタグラムにタグ付けする製品を登録する準備が出来ました。
次はアカウントに商品を掲載し、ショップとして利用できるように設定していきましょう。

「Facebookページ」に商品を登録する方法

「Facebookページ」から商品を登録するには、ショップセレクションから登録しましょう。
※ショップセレクションとは、フェイスブック上で利用者に直接商品の紹介や販売できる機能のこと。

Facebookページに「ショップ」というタブがあるか確認しましょう。Facebookページの左のメニューに「ショップ」の項目があれば、設定は完了しています。出ていないページは設定しましょう。

「Facebookページ」のショップセクションをはじめましょう

① 「Facebookページ」右上【設定】から、左のメニュー「ページを編集」を選択。
② 【ページの編集】から「タブを追加」を選択し、ショップのタブを追加しましょう。

ここまででFacebookページに「ショップ」の項目が追加されました。

③  【ショップ】タブを開き、「ショップセクションの設定」をしましょう。
説明画像⑩

1、 販売者利用規約及びポリシーに同意:チェック
2、 チェックアウト方法を選択:「別のウェブサイトで精算」をチェック
3、 ショップを設定:「日本円」を選択

販売者利用規約およびポリシーに問題がなければ、「次へ」で進みましょう。
④  【別のウェブサイトで精算】「次へ」を選択しましょう。
説明画像⑪

別のウェブサイトで精算を選択することで、インスタグラム上のショッピングマークから商品詳細ページへと飛ばすことが出来るようになります。

ショップセレクションから商品を登録しましょう

ここで登録した商品が、インスタグラムのショッピングとして紐付けられます。
⑤ ショップセクションから【製品を追加する】を選択し情報を登録していきましょう。
写真を登録し、「写真を使用」を選択します。
説明画像⑫

※チェックURLには、設定したい商品詳細ページのURLを貼りましょう。

これで商品の登録は完了しました。ショップの登録が完了すると、商品の審査とインスタグラムのショッピング機能の審査を通さなければなりません。「名前 価格 詳細」を入力します。チェックアウトURL、公開情報を設定して【保存】をします。

インスタグラムに商品を投稿して「ショップ」のページを作成しましょう

「ショップ」のページとは、インスタグラム上にアップされた「製品タグがつけられた商品の投稿」だけをチェックできる便利なページのことです。

タグ付けされている商品の投稿が9投稿以上から公開状態となります。このページは、ユーザーがプロフィール画面へ訪れたときに同じ画面上に「ショップ」の表示が出てきます。
説明画像⑬

ユーザーは、ここを選択すると製品タグがつけられた商品の投稿だけをチェックすることができます。製品タグが付けられた投稿は、投稿順に並んでいるため、気になる商品が探しやすく、購入までスムーズに進むことができます。

ショッピング機能が使えるようになったあとの投稿のやり方

審査が終わったら、商品をタグ付けして投稿しましょう。審査が通っていると、インスタグラムのビジネス設定に【ショッピング】が出てきます。

※まだ出ていない場合は、アカウント審査が完了していないか、審査条件を満たしておらず、まだ審査が行われていない可能性があります。

投稿する商品にタグ付けする手順は以下の通りです。

① 【ショッピング】を選択します。
「タグ付けされた製品の投稿はここに表示されます」という画面が表示されます。
説明画像⑭

② 【投稿を作成】を選択します。カメラロールが開きます。通常の投稿のように、投稿したい画像を選択しましょう。
③ キャプション(投稿文)入力画面が表示されるので、文章を入力します。
④ 「製品をタグ付け」の画面が表示されます。投稿写真のタグを付けたい部分をタップしましょう。すると、インスタグラムと連携しているFacebookページのショップ情報から、タグ付けしたい製品タグを選択することができます。
説明画像⑮

※1投稿につき、付けられる製品タグは5つまでです。タグの付け方は、通常の投稿で誰かをタグ付けするときの手順と同じです。
⑤ プレビューが確認できたら【シェア】をして完了です。

これで、インスタグラムへ商品の投稿が完了しました。このあとの投稿は、通常の投稿と同じように写真を選びタグ付けしていくだけです。簡単なので、どんどん投稿して多くの人に見てもらいましょう!

まとめ

インスタグラムのショッピング機能は、誰でも簡単に始めることができます。ユーザーにとても便利で、EC運用者にとっても集客効果や売上げアップが期待できる機能です。ぜひショッピング機能を導入し、インスタグラムを有効活用していきましょう!

関連記事

お問合せ・お申込みはこちらから

運用・フォロワー・収益も増える